【矯正】主な治療の種類と開始期間/費用/保険など

審美歯科筆録 - いつまでも素敵な口元でいるために知っておきたいこと
トップへ戻る
  • 審美歯科筆録トップへ
  • 審美歯科の費用
  • セラミック
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • ブリッジ
  • 入れ歯
  • 歯並び
  • 矯正
  • 歯磨き

東京インプラントGuidanceでは症例数も多く最新の設備が整ったインプラント専門医院です。

矯正

矯正はいつ始めるか、どんなタイプがあるか?

ワイヤブラケット法矯正が行われている歯のアップ

矯正というと、歯につけた金属のワイヤーを思い浮かべる人が多いでしょうが、近年は目立たない矯正装置も多くあります。

一般的な症例では、保険が適用となりませんから、費用が高くなってしまいますが、歯並び・噛み合わせを改善することの効果は大変大きいものです。
矯正は子供のうちにやらなければならないものではなく、大人からでも治療を開始することができます。
口元に自信が持てないと言う人は、年齢を気にせず歯科医院へ相談することが大切でしょう。

矯正治療の種類

矯正には、ワイヤーを使った矯正(ワイヤー矯正)だけでなく、取り外しが可能なマウスピース矯正、ワイヤーが目立たない舌側矯正など…さまざまな種類があります。
症状によって該当しない場合もありますが、「目立つ装置をつけたくない」という人も、目立たない装置で治療ができるかもしれません。

ワイヤーブラケット法

ピンクのブラケットを使ったワイヤーブラケット法矯正

ごく一般的な方法で、ブラケットという装置を取り付け、ワイヤーで引っ張って歯並びを整えるものです。ワイヤーが露出するため、金属のワイヤーを使用する場合(メタルブラケットの場合)には、審美性に優れないという難点があります。

しかし、近年は目立ちにくいクリアワイヤーやクリアブラケットを使った装置もあり、メタルブラケットに抵抗があるという人も、矯正治療を開始しやすくなっています。

マウスピース矯正

歯列矯正用マウスピース

歯型に合わせた透明なマウスピースを作り、長時間装着することで徐々に歯を移動させる方法です。装置が目立たないだけでなく、取り外し可能であることも魅力的だと思います。

しかし、装着している時間が短くなってしまうと、効果が現れにくくなってしまうため、装着時間をしっかり維持することが大切になります。

インプラント矯正

小さなインプラントを固定源として、歯を確実に移動させる方法です。治療期間を短縮できるメリットがあります。

舌側矯正

通常は歯の表面に付けるワイヤーを裏側に装着する方法です。目立たず審美的には良いですが、装置が舌に当たるため違和感はあります。

矯正は何才から始めるのが良い?

小さな女の子を肩車する中年男性

個人差もあるため、何才から始めるのが良いとは一概には言えません。歯やアゴの状態が良くない場合には3才位からスタートするケースもありますが、6~7才ころから始めることが多いでしょう。
小児矯正の場合には、成人するまでに歯並びをきれいにすることをゴールに、治療計画を立てるのが普通です。14才くらいまでに治療を行なうと、アゴのバランスをコントロールできるため、非常に効果的です。
治療開始に最適な時期はその人によって違うため、歯科医院で一度相談することをお勧めします。

また、先にも述べましたが、矯正治療に年齢制限はありません。子供の矯正治療は、顎の成長をコントロールしながら矯正治療を行っていくため、抜歯しなくて済む・仕上がりが良いなどのメリットがあります。
しかし、成人してからでは遅いということはないのです。

中年期以降でも矯正を始められている方は多くいます。50代、60代で受けられる方もいます。歯並びにコンプレックスを持っていたり、噛みにくいと感じていたりするなら、年齢に関係なく歯科医師に相談すべきです。

矯正の費用

矯正は保険適用外となりますので、自由診療です。治療にかかる費用は高額となるケースがあります。ただし、医療費控除を使えば、かかった費用の一部を還付金として受け取ることが可能です。

矯正は子どもだけでなく大人も受けられます。子どもの場合には早く治療した方が良い場合もありますので、まずは専門医に相談してください。大人の場合にはワイヤーが露出すると気になりますが、目立ちにくい方法で治療を受けると良いでしょう。


Copyright (C) 2013 審美歯科筆録 All Rights Reserved.