【セラミック】白くて健康的な歯を取り戻せる歯科治療法

審美歯科筆録 - いつまでも素敵な口元でいるために知っておきたいこと
トップへ戻る
  • 審美歯科筆録トップへ
  • 審美歯科の費用
  • セラミック
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • ブリッジ
  • 入れ歯
  • 歯並び
  • 矯正
  • 歯磨き

美しい見た目を取り戻すことが可能なインプラント治療。東京インプラントGuidanceはインプラント治療に相談を受け付けています。

セラミック

セラミックを使えば美しく丈夫な歯にできます

メガネをかけた笑顔の女性の口元

セラミックは歯科の材料の中ではもっとも生体親和性が高く金属アレルギーなどが起こらないため体に害の少ない素材です。しかも、自分の歯とほとんど変わらない色調にでき、自然な感じの人口歯を作ることができます。接着剤の質の向上もあって、幅広く使われるようになっています。

ホワイトニング治療をうけても満足できる白さに改善できないときに、セラミックにすることで白さを回復することができます。

セラミックの種類とメリット・デメリット

「セラミック」と一言で言っても、セラミックのフレームを金属で補強している「メタルボンド」もあれば、セラミックにプラスチックを混ぜたハイブリッドセラミック、その名の通り全てセラミックでできている「オールセラミック」などの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

種類 メリット デメリット
ハイブリッドセラミック ・審美性が高い
・金属アレルギーの原因にならない
・オールセラミックよりも割れにくい
・オールセラミックよりも透明感に劣る
メタルボンド ・強度が高い(割れにくい)
・審美性が高い
・オールセラミックには審美性が劣る
・歯の裏側が金属になってしまう
・金属アレルギーの原因になり得る
オールセラミック ・審美性が極めて高い
・変色しにくい
・歯垢や汚れがつきにくい
・金属アレルギーの原因にならない
・天然歯より固いため噛み合う歯に負担をかける可能性がある
・割れやすい

セラミックの用途は?

セラミックを使った治療にはいく種類もありますが、主なものはべニア、クラウン、インレーです。

べニア(ハイブリッドセラミック・オールセラミック)

歯の表面を薄く削ってセラミックの板を接着する治療法です。通常のセラミックの被せ物の場合には、歯を大きく削らなければなりませんが、べニアは表面を薄く削るため、削る量が最小限で済むというメリットがあります。
また、歯の色だけでなく形も変えることができ、すきっ歯の治療にも使用されています。

クラウン(ハイブリッドセラミック・メタルボンド・オールセラミック)

メタルボンド(セラモメタル)・オールセラミックセラミック・ハイブリッドセラミックはクラウンに用いられています。
オールセラミックは金属を使用しないため、アレルギーの心配もなく、非常に審美性に優れています。メタルボンドは、現在でも差し歯としては一般的に使われています。

インレー(ハイブリッドセラミック・オールセラミック)

インレーとは詰め物のことで、歯の色にぴったりと一致するため審美性に優れます。口を開けた時に奥歯は見えてしまいますが、セラミックインレーを使えば全く目立たなくすることができます。また、金属の詰め物はアレルギーを引き起こしますが、セラミックインレーにはその心配がありません。

セラミックは自由診療

セラミックベニア

セラミックを使ったべニアやクラウン、インレーなどは健康保険の適用外です。自由診療で自費での治療となりますので、一般の治療に比べて高額になります。費用について歯科医師からきちんと説明を受けてください。なお、自由診療であっても医療費控除の対象となりますので、年間10万円を超えた場合には、還付申告をすれば費用の一部を税金から戻してもらうことができます。

セラミックを使えば、天然の歯とほとんど変わらない白くてきれいな歯を作ることができます。食事や喫煙などで変色しにくく、硬度が高くて丈夫で長持ち、しかも、金属アレルギーの心配もありません。白くてきれいで健康的な歯をお望みの方は、セラミック素材での治療がベストです。


Copyright (C) 2013 審美歯科筆録 All Rights Reserved.