見た目の良い入れ歯も!保険適用外の総入れ歯・部分義歯の種類/費用

審美歯科筆録 - いつまでも素敵な口元でいるために知っておきたいこと
トップへ戻る
  • 審美歯科筆録トップへ
  • 審美歯科の費用
  • セラミック
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • ブリッジ
  • 入れ歯
  • 歯並び
  • 矯正
  • 歯磨き

東京インプラントGuidanceは審美性が抜群に良く噛み心地に優れたインプラント治療をお勧めいたします。

入れ歯

入れ歯は種類が豊富!審美性の高い義歯もあるのでご安心ください。

入れ歯

入れ歯=見た目が悪いという認識の人も少なくないと思います。最近はインプラント治療を希望する人も多いですが、保険の入れ歯だけでなく、(保険適用ではありませんが)見た目の良い入れ歯もあります。
審美性の面で、入れ歯に抵抗を感じる人も多いですが、審美性の高い入れ歯を選ぶという方法もあるため、医師に相談すると良いでしょう。

…と言っても、入れ歯には審美性以外にもメリット・デメリットがありますから、十分に把握して治療方法を選択することが大切でしょう。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯には、次のようなメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
・多くの症例に対応できる
・保険がきくので費用を抑えることも可能
・ブリッジのように健康な歯を削らない
・取り外せるので手入れが比較的簡単
・治療の失敗や事故などの恐れがない
など
・噛む力が低下してしまう
・異物感がある場合がある
・合わない場合痛みが生じる
・大きく口を開けた時に外れる場合がある
・発音に悪影響を及ぼす場合がある
・保険の部分入れ歯の場合、金属のバネが目立ち、審美性に優れない
など

入れ歯の種類

入れ歯の作成途中

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。保険の適用範囲内では使用できる素材や装着法に限度がありますが、自由診療では見た目も良く使いやすいものにすることができます。

部分入れ歯とは?

歯が抜けてしまった場合で、ブリッジでの治療ができないときには部分入れ歯で補うことになります。バネを隣の歯に引っかけて固定させるものです。歯が1本だけ抜けた場合でも、1本しか残っていない場合でも可能です。
保険で治療する場合には、バネ(クラスプ)には金属しか使えませんが、だいたい5千円~1万5千円(1個当たり/3割負担の場合)で作れます。

部分入れ歯の種類

次に紹介するのは、保険が適用とならない部分入れ歯です。保険の部分入れ歯よりも、見た目や付け心地などに優れています。(保険が適用とならないため、価格は医院によって異なります)

  • コーヌス・テレスコープ義歯
    残っている歯に金属冠をかぶせ、入れ歯を上からはめこむように装着するものです。
  • ホワイトクラスプ
    バネ(クラスプ)に金属ではなく、白いプラスチックを採用したものです。目立ちにくく見た目が良くなります。
  • スマイルデンチャー
    スーパーポリアミドナイロンという樹脂でできたもので、薄くて軽く、弾力性のあるものです。口を開けても入れ歯だとほとんど気づかれないほどの見た目を実現できます。
  • シリコン義歯
    義歯床の一部がシリコンでできたものです。普通の入れ歯の場合「当たると痛い」ということが少なくありませんが、シリコンは柔らかいので、噛みやすくなります。
  • アタッチメント義歯
    磁力で固定する「磁性アタッチメント」などいくつかの種類があります。

総入れ歯とは?

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯になります。義歯床にはプラスチック、金属、シリコンなどの素材がありますが、保険内の治療の場合にはプラスチックしか使えません。保険の総入れ歯の料金は、だいたい1万円~1万5千円(1個当たり/3割負担の場合)です。

総入れ歯の種類

次に紹介するのは、保険適用外の総入れ歯ですが、種類や医院によって費用は異なります。片側で20万~と考えて良いでしょう。

  • 金属床義歯
    義歯床が金属でできたものです。強度が強いため入れ歯を薄くすることができるので、違和感が少なく、しゃべりやすくなります。
  • シリコン義歯
    義歯床の一部が、柔らかい素材のシリコンでできているため、違和感が少なくなります。汚れやすい、高いというデメリットがあります。
  • アタッチメント義歯
    磁性アタッチメントなどいくつかの種類があります。入れ歯が固定されるので安定感があり、噛みごたえも良いものです。

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯がありますが、どちらも保険適用内の治療と自由診療とでの対応があります。噛みやすさや健康面を考えると、保険外の自由診療での入れ歯の方が格段に良いと言えます。見た目を気にする方の場合には、保険適用外での治療をお勧めします。


Copyright (C) 2013 審美歯科筆録 All Rights Reserved.