【審美歯科の費用/保険/医療費控除】値段の違いで治療内容・質に差!?

審美歯科筆録 - いつまでも素敵な口元でいるために知っておきたいこと
トップへ戻る
  • 審美歯科筆録トップへ
  • 審美歯科の費用
  • セラミック
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • ブリッジ
  • 入れ歯
  • 歯並び
  • 矯正
  • 歯磨き

インプラントの事なら東京インプラントGuidanceにお任せください。患者様に合った治療方法を提供致します。

費用

審美歯科の費用はいくら!?医院で値段が違うのはどうして?

歯科医院の受付

日本の保険制度では、治療を目的とした診療でしか適用になりません。そのため、美容目的の場合は保険が適用とならない自由診療となります。
つまり、歯の美しさに主眼をおいた審美歯科診療は、保険が適用とならない自由診療となるのです。

自由診療は保険診療とは異なり、歯科医院が値段を決められますから、歯科によって値段が違ってきます。ホワイトニング料金(オフィスホワイトニング)が30,000円の医院もあれば、50,000円の医院もあるのはそのためです。

また、セラミッククラウン10万円とうたっていたとしても、治療部位によって費用は異なっている場合も多いです。もちろん、精巧なセラミッククラウンを提供する医院もあれば、そうでない医院もあるでしょう。
前歯と奥歯など、治療部位で値段が違ってくる場合もありますから事前に確認が必要でしょう。

では、「少しでも安い歯医者を探そう」ということになるかもしれませんが、先に述べたように自由診療は提供される治療内容や質が医院によって違ってきます。
値段だけで歯医者を選らんだのでは、理想的な治療効果が得られない可能性は否定できません。費用で歯医者を選ぶのではなく、信頼できる医院、治療内容などを確認して歯科を選択することが大切でしょう。

歯科診療における保険診療と自由診療の違いは?

歯科医から説明を受ける男性のイラスト

保険診療とは、その名の通り、保険が適用となる診療を言います。被せ物の材質など、保険で認められているものには制限があるため、保険制度の枠を超えたて、さらに質の高い治療を希望する場合は、自由診療となります。

歯科診療における保険診療のデメリットは?

  • 保険の適用範囲でも前歯に白い歯を作ることができますが、材料は樹脂に限られ、裏側は金属となります。
  • 樹脂の強度は高くないため、破損するリスクがあります。
  • 透明度が低いため、自然な色を出すことは困難です。
  • 水分を吸収して変色しやすく、耐久性も高くはありません

歯科診療における自由診療のメリットは?

  • 素材に生体親和性の高いセラミック等を使うことができるため、金属アレルギーの心配がありません
  • 裏側までセラミックを使ったオールセラミックは、自然な仕上がりになります。
  • ほとんど本物の歯と同じ硬さなので、咬み心地が良く自然な使用感です。
  • 金属の透過による歯肉の黒変や金属の露出もないため、見た目がきれいです。
  • 強度も高く、耐久性に優れています。
  • 歯列矯正インプラントなどの治療が受けられます。

保険がきかない審美歯科治療も安くなる!?医療費控除とは?

医療費控除とは高額な医療費負担を軽くするための制度です。保険適用の自己負担分だけでなく自由診療の費用も対象となります。家族全員分の合算が年間10万円を超えるときに、確定申告をすれば税金の還付という形で控除を受けられます。

医療費控除を受けられる金額は?

金額は以下の計算式で求められます。

医療費控除額=(支払った医療費※1-入院保険などで受けとった金額)-10万円

※1:1月~12月までの合算で、薬代や医療機関までの電車賃なども含まれます
※2:年収が200万円以下の場合には、年収の5%となります

還付金の金額の計算は?

還付金額は以下の計算式で求められます。

還付金=医療費控除額×所得税率※3

控除に必要なものは?

ドラッグストアのレジで支払いをする女性

還付申告には治療費や薬代の領収証が必要です。ドラッグストアなどで購入した風邪薬や胃薬代も対象となりますので、レシートを取っておきましょう

自由診療は自分に適した良い治療を受けられますが、保険がきかないため高額となります。医療費控除をうまく活用して、賢く治療を受けましょう。

自由診療の場合、分割払いやローンによる支払も可能です

歯科医院によって、扱っているクレジットカードやローン会社の種類は異なりますが、自由診療の場合、費用が高くなってしまうのですが、分割払いやローン・クレジットによる支払いができるようになっています。
「デンタルローン」という、歯科診療の支払いを対象としたローンもあります。

歯科医院によって扱っている支払方法が異なるため、事前に確認することが大切でしょう。


Copyright (C) 2013 審美歯科筆録 All Rights Reserved.